アンバーライト

 オートバイや自転車等エコロジーな乗り物の便利さ、楽しさ、カッコよさを通して九州全域の経済及び観光の活性化に貢献します。

TAG BLOG
 

5月景気ウォッチャー調査


6月8日に内閣府より「5月景気ウォッチャー調査」が

公表されました。

 

総括は

「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる。

先行については人手不足、コストの上昇等に対する懸念もある一方

引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」

 

 

全国       小売り    12月  1月 2月 3月  4月  5月

現状              51.6 46.8 46.2 49.5 48.7 44.6

先行              49.7 51.8 51.6 49.0 50.9 49.3

 

 

九州    家計動向関連

現状              55.0 44.0 45.9 52.8 51.1 45.9

先行              52.2 52.9 53.9 50.2 52.1 50.2

 

弊社の実績も同じような傾向にあります。

4月に少し上向いたと思ったら

5月はかなり苦戦です。

 

救いは九州の「先行」がまだ「50」を上回っていることです。

 
 
 

 

厳しさとは


今月は賞与を支給するために、早めの月次決算が必要でした。

昨夜の午後10時半頃終了。

魔ダムの頑張りと執念には脱帽でした。

 

実は彼女は一昨日夜中までPCに向かい

各店舗のデータ入力を行っていました。

 

数時間足を組んだ状態で座って作業を行っていたのですが

その足組みを解いたとたんに、左ひざに激痛がはしり

指先まで痺れて動けなくなったのです。

 

身体を少しでも動かそうとすると、痛みで顔をゆがめます。

暫く経っても痛みがおさまる気配がないので

救急車を手配し病院に搬送して入院。

私が帰宅したのは午前3時を大きく回っていました。

 

翌朝、メールで事情を知った税理士から

月次決算を数日延期しましょうかとの連絡がありました。

私は、今月は賞与を支給しなければならない、

スタッフにはそれぞれいろんな事情があるので

彼女を一日で退院させて仕事を完結させる旨返答。

 

午後5時頃病院に行き本部に連れ帰りました。

そこで私の冷たい一言、

「何事も早め早めに済ませておかないから、こんなことになる」

 

午後6時過ぎから入力を初めて、

冒頭の午後10時半頃終了したのです。

 

冷血な経営者とのそしりは免れません。

それでも、社員は約束した日時の賞与を待っています。

 

7月上旬に一泊で温泉に連れて行ってやろうと

秘かに下調べを行いました。

 
 
 

 

やってみなければ


昨日は午後から、取引先スタッフ4名、店舗デザインスタッフ2名

そして私と長男、次男で「電動アシスト自転車専門店」構想について

会議を持ちました。

 

およそ2時間ほどかかりましたが、

私のコンセプトであるトラッドで温かい店の中に

先進的な車両の展示とコミニュケーションスペース提供で

先ずは絵を描くことに決定。

 

やっと具体的に走り出しました。

これまた、私が九州では一番に実行することになるでしょう。

 

これまでも、バイクの買取、バイク専用指定工場、レンタルバイク事業、etc.

そのほとんどが私が最初か二番目に始めたものです。

 

カフェを併設したものを考えていますが

東京の店舗デザイナーがどのような絵を描いてくるのか

非常に楽しみです。

 

新しいことを行うには非常に勇気がいります。

その次に最初は赤字が続くので

何処まで引っ張るのか、忍耐と決断が問われます。

 

今後経営者を目指す人は、この感覚を

自分で体験すれば競合店よりも頭一つ抜けることが出来るでしょう。

 

 
 
 

 

家族


昨日は、月次決算の最終日で

手伝いに次男の嫁も幼子を連れて我が家に来ました。

 

魔ダムと嫁が仕事をしている間

孫の面倒を見るのは私の役目。

6ヶ月を過ぎて頭も座り、ハイハイもできるので

おもりもかなり楽になりました。

 

午後6時過ぎになると、熊本から長男と嫁と孫が

加わりました。

 

我が家に初めての孫二人です。

こちらはまだ2ヶ月で、抱っこもかなり難しいものです。

二人ともに泣き出した時の喧騒はなかなかのものです。

 

途中で、近くのイオンに父の日のプレゼントを買いに行きました。

「日本の匠」シリーズの綿100%の紺系のパジャマを購入してホームへ。

母と共に大層喜んでくれました。

 

すぐに自宅に戻ると、次男の嫁がPOLOの真っ赤なポロシャツを

父の日のプレゼントということで私にくれました。

胸のエンブレムが大きくて、袖の数字もインパクトがあります。

私好みをしっかり把握してくれていてとても嬉しく思いました。

 

最近ボランティアで、日中にラグビーの指導をしているので

真っ黒に日焼けした私に「赤」がぴったしでした。

 

濃厚で豊潤な家族を感じた一日でした。

 

 
 
 

 

意外に難しい


魔ダムの実家を整理していましたら

義母が学校の先生だったからか

「書けないと恥ずかしい漢字」という本が出てきました。

 

大抵の書物は捨てているのですが

この本に私が直接記入してから捨てても

遅くないと思い自宅に持って帰りました。

 

初級編

きげん・ぜんてい・じさん・きぼ・しゅうかく・りょうしゅうしょ

こうげき・こくるい・へいか・かいしん・きはつ・くじゅう・

つぶやく・あえる・いちじるしい・あふれる・はずむ・かくするetc.

 

私が間違った漢字は

「機嫌」「会心」「苦渋」「和える」

 

長男にもテストしました。

私より少しばかり正解が少なくメンツを保ちました。

 

面白くない彼が、次のページで勝負ということになり

おおかみ・とら・しか・かめ・やぎ

かえる・ほたる・かいこ・あり・か

 

二人ともに

「蚕」と「蛙」が書けませんでした。

彼が採点したのですが「ほたる」の漢字を見て

私に勝ったと小躍り。

 

そんな馬鹿なと私。

彼が書いたのは「蛍」

私が書いたのは「螢」

 

私も自信があったので10センチ幅の「大漢語林」を引っ張り出し

調べました。

ありました。

但し旧字体でした。

 

彼は妙に感心して、私の威厳は保たれたのです。

 
 
 

 

綺麗なのは当たり前


昨日は午前10時にレクサスに行きました。

6ヶ月点検です。

 

接客の極意を、この店から得ている話は

何度もしております。

今回も、予約してモーニングを頂きました。

 

温かいココアを頼み、焼き立てのパンが2個出てきました。

とても美味しく朝食を我慢して抜いただけありました。

お出迎えも女性だけでなく、担当セールスまで来てくれて

大事にされている感じがとても心地よいものでした。

 

1回のフロアーが片づけられていました。

フロアーと外壁を大幅に改装するそうです。

僅か12年しか経過していなくて、現状でも十分綺麗な店舗です。

つい数年前も改装していました。

 

秋に新型のリーズナブルな価格帯の車が

2台発売されることに合わせて

若いファミリー層にも気軽に来てもらう雰囲気にするそうです。

 

ここで感じたことは、

店は常に綺麗でなければならないということです。

我々業界で一番遅れている部分です。

 

昨年、大濠店、友泉店を改装しました。

今年は小倉店、福重店を何とかしようと思っています。

 

ソフトが重要なのは明らかですが

ベースには店舗の綺麗さ清潔さがあってのことです。

 
 
 

 

本部の力


昨日は、本部の打ち合わせ部屋の前の庭に

庭師が入りました。

 

草むしりから、木々の剪定、それに

害虫駆除の薬剤散布と二人で午前9時半から

午後6時までかかりました。

 

お陰様で、草ぼうぼうの魅力ない庭が

一流半くらいの庭園に様変わり。

 

特に、大きな取引先と交渉したり

大きな金額のディールの場合は

適度なはったりは必要となるのです。

 

その点、我が本部は大いに役立っています。

19年前に清水の舞台から飛び降りる覚悟で

ここを購入して本当に正解でした。

 

午後からは、東京の取引先から二人、建設会社から二人

それと私、魔ダム、長男、次男の8人で

新店舗のデザインと設計の詳細な打ち合わせを

2時間以上にわたり行いました。

 

本来なら本社ビルくらい必要なのかもしれませんが

無駄をなくし、立派な中小企業であろうとするなら

間接部門の経費は極力削減すべきです。

 
 
 

 

豪華絢爛の仏壇


昨日は朝早くから魔ダムの小倉の実家に行きました。

記述していた通り、明治時代に造られた立派な仏壇を

我が家に移すためです。

 

生前墓の建立や仏壇の修理再生を頼んだ

「お仏壇のはせがわ」のN君が部下を二人連れてきてくれました。

 

流石プロです。

幅1.2M、高さ1.8M、奥行き0.7Mのものを

その中身も丁寧に梱包して

1時間ほどで仕事を終了。

 

この梱包の間に私とN君は、実家から徒歩15分くらいの小高い丘にある

魔ダム家の墓を見に行きました。

 

不便な場所にあり、かなりの急勾配の坂を上らなければならないので

墓じまいをするための見積もりを取ってもらうためです。

急勾配と通路が曲がりくねって細く、機械が入らないので

かなり高くなるとの見解でした。

 

彼が写真を数枚撮り、墓の寸法等を測り

実家に戻りました。

 

梱包が終了した仏壇をワンボックスに載せ

我々の車と2台で福岡のわが家へ。

 

改築したての8畳の和室に運び込まれ開梱。

40分ほど移設完了。

その姿を見て、あまりの豪華絢爛さに感嘆しました。

 

小倉の実家にある時には、部屋が薄暗く、湿気臭かったので

この仏壇の迫力が全然伝わってきませんでした。

実に圧巻です。

 

これからの若い世代にも、神棚や仏壇の前で手を合わせ

先祖を敬う姿勢だけは踏襲させる義務が我々にはあります。

 
 
 

 

成長の跡


午前中に不動産に関する情報誌を読んで

午後から佐賀店に魔ダムと行きました。

 

何度も記述していますように、ここは

店長とメカニック1人、それに

店長の奥様がパートで出ています。

 

佐賀という土地柄、家賃は安い、それに

最小のスッタフで店を切り盛りし

人件費も少なくて済む。

 

このような状況なので、3、4月と僅かですが

黒字が続きました。

 

現在までの速報値は、上期で減収増益です。

新店舗で売り上げ減は気になるところではありますが

今年のヤマハのラインナップを考えると仕方ない面もあります。

 

午後6時50分には店を閉めて

お約束の佐賀牛の炭火焼肉「まるじゅう」に

全員で行きました。

 

1か月先にしか予約できなくて、その予約電話も

なかなか繋がらない店だけあって

驚きの味と価格です。

 

食べ終わった後、店長の奥様が

7月も予約しときますとのこと。

 

店長に問いますと、「5月も黒字のはずです」との返答。

後1週間ほどで5月の確定実績が出ます。

彼もだいぶ経営者らしくなったと、嬉しくもあり、誇らしくもありました。

 
 
 

 

すまない


雨の中、早朝に福岡を出発して

午前9時過ぎに熊本店に到着。

 

そこで魔ダムが午後2時頃まで経理を

行いました。

 

私は経済誌を2冊読了。

内容的に面白みに欠けて、居眠りをしながらです。

 

その後菊陽店に向かう途中でセブンイレブンにより

昼食用のおにぎりを購入。

私はそれに加えてペペロンチーノを頼みました。

 

午後4時前に菊陽店に着き

そのペペロンチーノを食べ始めると

スタッフ全員からニンニク臭いと苦情。

 

何にも気にせずに購入した私の大失敗でした。

魔ダムの経理が午後7時半頃終了。

福岡のロイヤルホストで軽めの夕食を食べて

帰宅したのが午後10時。

 

この時ばかしは、心から彼女に悪いなあと

思うのであります。

還暦を過ぎて、ここまでハードワークをさせて良いものか?

 
 
 

 

エネルギー充填


昨夜は、大濠店、福重店両店合同で

スタッフの激励会を焼き肉屋で行いました。

 

両店ともに、店長以外は若手ばかりです。

私も久し振りに若手のパワーをもらいました。

 

食べ放題、飲み放題の真ん中ランクのコースを頼んだのですが

まあよく食べて良く飲みます。

 

私と愚息達二人の3人だけが飲めません。

食べる方も、普通以下の量。

 

お酒も入ったからでしょう。

彼女の話を含むいろんなプライベートの

話が聞けてとても良かったと思いました。

 

彼等の為にも、まだまだ努力を続け、成長させ

良い会社にしなくてはと

改めて感じた夜でした。

 

 
 
 

 

縁は奇なり


昨日は小倉店に行った後、早めに

福岡へ戻りました。

 

地下鉄大濠公園駅で彼を拾い、

そのまま私の行きつけの「小柳寿司」へ直行。

 

彼とは、私のサラリーマン時代の後輩で、

今般会社を退職して、マレーシアの現地会社の社長として

赴任する弟みたいな人物です。

 

今月末にはマレーシアに行くそうで

その前に急遽時間を作って

神戸から私に会いに来てくれました。

 

普通なら61歳ともなると、老後を考えたり

守りの姿勢になります。

 

ところが彼は、大企業を退職して

ほんの小さな田舎企業、それも赤字企業に再就職します。

 

決心した理由を聞きますと、良い技術を持っており

自分の海外経験を生かして、グローバルで仕事をすれば

大きく成長する自信があったからだそうです。

 

素晴らしいと思います。

我々の年齢で海外に打って出て、新たなチャレンジをする

いいですね、実にいい!!

 

美味しい魚や貝類、それにウニと握り寿司、

日本酒の冷酒を飲みながら完食していました。

 

奇遇にも、私も今年の11月にマレーシアに行く予定があります。

連絡を取り合って、現地視察を行い

ビジネスのヒントを何か掴んで来ようと思いました。

 
 
 

 

かなり若返った


二泊三日で東京と茨城に行ってきました。

東京は蒲田と銀座。

茨城は筑波と水戸です。

 

いつも言いますが、やはりたまには東京に出るべきです。

銀座の夜を堪能しました。

通りにはロールスロイス、マイバッハ、ポルシェ、レクサス、ランボルギーニ。

 

ミニスカートに胸が大きく開いたドレスの

若い女性達。

 

定宿の28階から下界を眺める時の

なんとなく不思議な高揚感と充実感。

10歳以上は若返りました。

 

一方、車を1時間半ほど走らせると

高い建物がほとんどない、空がとてつもなく広く感じる

筑波と水戸。

 

バイクショップの将来像が朧気ながらわかりました。

やはり、「情報量は移動距離に比例する」ですね。

二日間を共にしてくれた同業のS氏とO氏に

ただただ感謝の念で一杯でした。

 

あまりに大きなギャップの東京と茨城。

 
 
 

 

いいんじゃない


会社は存続しなければ意味がありません。

存続するということは、社会が必要としているからです。

 

存続→会社を守る→社員を守る→社員の家族を守る→社会貢献

この為には、経営理念が一番重要です。

そして、その理念を具体的に実行するために

「就業規則」があります。

 

5年前に社会保険労務士のアドバイスのもと

長男と一緒に弊社の「就業規則」を作りました。

 

この間、法律等も大幅に変わりましたので

「就業規則」の変更が喫緊の課題でした。

 

先日、午後7時半から、本部で

弁護士、社会保険労務士、長男、次男、魔ダムと私との6人で

見直しの会議を行いました。

 

午後11時くらいまでかかって

最初の打ち合わせは終了。

 

最近特に感じることですが、

とてつもなく良いブレーン達に囲まれているということです。

愚息達と同世代ということもあって

忌憚のない意見交換が活発に行われています。

 

本当に有難いと同時に、この同世代の若者たちと

真剣に会社のこれからを考え続ければ

とてつもなくよい会社に発展する気がします。

 

私一人で考え実行してきた30年間を

今からは、息子達二人に、気鋭の税理士、弁護士、

社会保険労務士、司法書士、銀行マンの7人で

考え実行するのです。

 

将来が実に楽しみです。

 

 
 
 

 

応援するぞ


株式の評価額10億ドル以上の未上場企業を

「ユニコーン」と呼んでいます。

 

世界を見渡すと、アメリカが100社以上、中国が60社以上に対して

日本では1社しかありません。

 

その企業が「メルカリ」です。

この会社が順調にいけば6月19日に

マザーズに上場します。

 

ここぞとばかりに、私にも大手証券会社数社から

かなりの営業を掛けられました。

 

このアプリを使用したことは、私自身はありませんが

日本唯一のこの企業を応援したい気持ちには

非常に強いものがあります。

 

上場で得た資金は、海外事業に充てる模様です。

是非頑張って欲しいものです。

 

ブックビルディングで最高の金額になれば

およそ4000億円企業になると新聞に掲載されていました。

凄いことだと思います。

 

 

 
 
 

 

まだかな!?


筑邦銀行の株価が低迷のままで

全然面白くないこの頃です。

 

金融庁の有識会議がまとめた報告書によりますと、

地銀が1行しかなくても経営が難しいところが

23県もあるそうです。

 

人口が増えている福岡県でさえ

2行しか存続できないような内容だそうです。

 

福岡県で先ず当確なのは福岡銀行でしょう。

その次は西日本シティ銀行のはずですが

ここに、九州FGや山口FGが触手を伸ばしています。

 

筑邦銀行が存続できる余地はないのです。

何かのきっかけで、雪崩を打ったように

地銀の再編が起こると考えられます。

 

2年以上寝かせたままのこの株式を

一時も早く売り抜け、次のターゲットに

投資をしたいものです。

 
 
 

 

一歩ずつ


午前中に、長男と次男が本部に来て

手形貸し付けの仕組みを説明しました。

 

1年以内に返金する借入金を短期借入金、

1年を超えるものを長期借入金と定義されています。

 

この手形貸し付けの特徴は、

あらかじめ決められた金額の枠内であれば、

欲しい当日、翌日までに審査なしで 何度でも借り入れが可能なことです。

 

私がどのような時に使用したか 経験を述べました。

チャンスと思えば、積極的に活用するように 二人にはアドバイスしました。

 

注意すべきは、数か月後には一括返済しなければならないことです。

できるだけ、枠の金額と同等の自己資金を持っていると

心理的にも、思い切って使えます。

 

その他にも、彼等のそれぞれの会社に来た書類等を見せて

必要な書類と破棄する書類を判別する事、

出来る限りその場で判断する事等を教えました。

 

また必要な書類のファイルの方法や

保管の仕方、貸金庫の活用等を教示。

 

着々と実力をつけてくれている二人を見て

少し安心した一日でした。

 
 
 

 

久し振りのデート


魔ダムの実家の仏壇を、

我が家に移設するための 和室の改築が終了しました。

 

2週間の工事の間、

和室のいろんなものを 2階に上げていたので、

彼女が昨日1日かけて 一人で元に戻したり、飾りつけをしていました。

 

ほぼ完成した状態を見て かなり素晴らしいものになっていました。

私の好きな日本的雰囲気でした。

 

苦労をねぎらうために、

夕食を 好きなものを食べさせることにしました。

 

無性にピザが食べたいというので、

薬院の「ピッツエリア・ダ・ガエターノ」に 急遽予約を取っていきました。

 

南イタリアの厚手のピザを釜で焼き上げます。

生ハムも頼みましたが、ピッツア、パスタの どれも

リーズナブルで美味しく頂けました。

 

本来なら、以前に通っていた「リフュージョ」に行くのですが

閉店したために、ネットで調べていきました。

 

お客様は若い女性が中心で、接客もよく かなり気に入りました。

運動の為に、地下鉄に乗り、歩いて 往復しました。

彼女もとても喜んでいたので 暫くは朝食を作ってくれそうです。

 
 
 

 

パワーカップル


以前、幸福度は年収およそ800万円で上限をつける旨の

記述をしました。

 

新聞の夕刊を見ていましたら

2016年の総務省の「労働力調査」から

夫婦ともに年収700万円を超える世帯が

25万世帯もあることがわかるそうです。

 

このような人々は「パワーカップル」と

総称されています。

 

つまり、世帯年収が1400万円以上もあるということです。

確かに私の知人は、御主人が大手上場企業の社員

奥様が学校の先生。

世帯年収は1600万円を超える「パワーカップル」です。

 

若い頃に新築の家を建てて、最近全て取り壊し

新たな家を再新築しました。

 

我々の年代になって、このような行動ができる人は

よほどお金に余裕があるひとです。

普通は老後資金のことで頭は一杯になるからです。

 

そしてこの「パワーカップル」が日本では

毎年増えているそうです。

 

夫婦ともにこれだけ仕事に打ち込んでいたら

子供を産み育てるには、大きな勇気と

具体的な合理的行動が求められることは容易に想像がつきます。

 

 
 
 

 

いつもありがとう


昨日は朝から長男と、福岡市内、小倉、佐賀まで

実地棚卸に回りました。

 

まだまだ、無駄な在庫を抱えている店もありましたが

以前に比べると、各店長の在庫に対する意識がかなり出てきたようで

少し安心しました。

 

経営のツボは、キャッシュフローです。

損益の経常利益が重要であることは不変ですが

それと同時に「営業キャッシュフロー」が

黒字でなければ意味が無いのです。

 

5月末で社内評価(12~5月)の6か月が済みましたので

全店のスタッフとそれぞれ、時間の都合をつけ

夕食を一緒にすることにしました。

 

常にスタッフのお陰で弊社は存続していると思っていても

形に表さなければ、理解は得られません。

 

上期以上に下期も全員で、目標達成に向けて

一丸になって欲しいと願っています。

 

今年から来年が弊社にとっても正念場なのです。

これを乗り越えれば、一気に成長に向けた投資が出来ます。

 

 

 
 
 

Calendar Loading

▲アンバーライトグループ~YSP友泉・YSP小倉・YSP大濠・YSP福重・YSP佐賀・YSP熊本・YSP菊陽の中古車情報

 
  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 過去ブログはこちらから