Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; WP_MatchesMapRegex has a deprecated constructor in /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp.php on line 635

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; Translation_Entry has a deprecated constructor in /var/www/html/blog/wp-includes/pomo/entry.php on line 14

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; POMO_Reader has a deprecated constructor in /var/www/html/blog/wp-includes/pomo/streams.php on line 12

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; POMO_FileReader has a deprecated constructor in /var/www/html/blog/wp-includes/pomo/streams.php on line 106

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; POMO_StringReader has a deprecated constructor in /var/www/html/blog/wp-includes/pomo/streams.php on line 150

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; POMO_CachedFileReader has a deprecated constructor in /var/www/html/blog/wp-includes/pomo/streams.php on line 189

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; POMO_CachedIntFileReader has a deprecated constructor in /var/www/html/blog/wp-includes/pomo/streams.php on line 204

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; WP_Widget_Factory has a deprecated constructor in /var/www/html/blog/wp-includes/widgets.php on line 405
アンバーライト

 オートバイや自転車等エコロジーな乗り物の便利さ、楽しさ、カッコよさを通して九州全域の経済及び観光の活性化に貢献します。

TAG BLOG
 

縁 運 ツキ


実地棚卸で、小倉店から帰宅しましたら

午後7時半を過ぎていました。

 

ダイニングのTVがつけっ放しでした。

タイトルをよく見るとNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」。

普段特に見ることはないのですが、サブタイトルに

雲仙、小浜の文字。

 

学生時代を長崎で過ごした私にとって

青春そのもののゆかりの地でもあり

思わず最後まで見てしまいました。

 

その中で鶴瓶が子供達を諭す一場面がありました。

そのときの言葉が私が大切にしていることと

とても似ていたので、記憶に残りました。

 

浮き沈みの激しい芸能界やお笑いの世界で

不動の地位を築いている彼らしいものでした。

 

『縁を大事にすると、運が良くなって、ツキが回ってくる』

 

ニュアンス的に少し受動系ではありますが

『運』が良い人と付き合う、『縁』を大事にするという

二つの項目は、私と共通の思いです。

 

私は、常に能動的に決断してきたので

『運』と『縁』を大切にしながら

『タイミング』を計りました。

 

物理や科学では計り知れないものは

やはり存在すると思います。

 
 
 

 

エール


最近、私にとってとても嬉しいことがありました。

とある若者から直筆の手紙を頂いたのです。

彼への返事の意味を込めて、話の補足をしたいと思います。

 

その若者は、懇意にさせて頂いている同業者の店長です。

たまたまそこの社長と一緒に福岡に来ているというので

昼食をともにしました。

 

3人で経営やそれにまつわるいろんな話をしました。

少し私が一方的に話したきらいはありましたが。

 

そこの会社は娘さんしかいらっしゃらなくて

その若手店長を将来の後継者にしようと

社長が熱心に教育されています。

 

彼をはじめ、これから経営者になろうとする若者に

先ず伝えたいのは「若さ」だけでも

我々よりも凄いアドバンテージがあるという認識を持つことです。

 

心身共に回復力が全然違います。

兎に角、無理が効くことと、

チャレンジへのしり込みがあまりないことは

素晴らしい素質を持っていることと同義です。

 

そのうえで、我武者羅に働く。

そこから、自分の会社をどのような方向に持って行くのかを

常に考え続ける。

 

そうこうしているうちに、自分の腹の中に

すとんと落ち、はまり込む言葉が出てくるものです。

 

弊社の社是は「信頼と感謝」です。

当たり前のようですが、この言葉が自分にぴったしだと思うのに

10年以上かかりました。

 

次に経営理念は、数年ごとに書き換え、今の心境がこれです。

「人生を豊かにするために『楽しく・明るく・元気に』仕事しよう」

 

一般的な理念では、これに「社会貢献」が付加されるのですが

弊社では、先ず自分達個々人の確立を優先させています。

自分達の豊かさ無くての社会貢献には、疑問を持つからです。

 

自分の言葉で、「社是」や「経営理念」を語れたときに

その人は経営者になっていると思います。

 

 
 
 

 

チャンス


昨日、一昨日と北部九州はかなりの雨が降りました。

時折、突風を含む豪雨にも見舞われました。

 

そんな中、6月終わりの昨日に

弊社グループ数店で成約があっていました。

 

悪天候の中、かなりの数のバイクショップから

弊社グループを選んで頂いたのです。

 

誠に有り難い限りですし

心より感謝申し上げたい気持ちです。

 

以前にも述べましたが、同じ商品を扱いながら

店舗間の業績に格差が出てきました。

各店長の分析力と対策で下期にどう変化するのかです。

 

経験則から言うと、調子が良い時が続くほど

仕事や接客が雑になりがちです。

その後にかなり大きなしっぺ返しが来ます。

 

その点から言えば、かなり苦労の連続である今年は

各店ともに大いなる成長の機会が

与えられたと同じことなのです。

 

悪い時にこそ、真剣に知恵を絞ります。

悪い時にこそ、どのようなお客様も有り難く思えます。

 

現状を真正面に受け止め、自分の力の無さを謙虚に自覚して

すぐに何らかの実行を移すことの積み重ねが

いつの間にかその人の実力となっていくのです。

 

 

 
 
 

 

ベンチマーク


新聞の報道によりますと、九州電力が

新卒の給料を一律3000円ずつ引き上げたとのことでした。

 

1.高卒         16万3千円

2.高専、短大卒     17万9千円

3.大卒         20万3千円

4.大学院卒       22万5千円

 

我々中小企業が、このような大企業を参考にはできませんが

国家整備士資格を必要とする

特殊な我々業界においては

資格取得者を少しでも厚遇する必要があります。

 

今からは、整備専門学校や工業系学校を卒業して

二級整備士資格取得者の初任給は

大卒と同じレベルになってくると思います。

 

待遇を考えた場合、給与だけでなく

社会保険等の福利厚生や退職金積み立て等の

複合的なものまで合計する必要があるので

一概に何処が良いとは比較できません。

 

それでも、今後は20万円という数字が

ベンチマークになってくることは間違いないと思います。

 
 
 

 

知らないことだらけ


昨夜は、恒例の勉強会を行いました。

件の弁護士、社会保険労務士と我々です。

 

働き方改革等で労働環境に関する法律が

目まぐるしく変わってきています。

 

いつも私が考えるのは、そのような決定に先立って

環境やシステムを作ることです。

後追いでは、この厳しい経済環境下では生き残れません。

 

この勉強会で面白い公用語の使い方を知りました。

 

1.「とき」・・・~の場合     「時」・・・~の時点

 

2.速さの順  「ただちに→速やかに→遅滞なく」  の順で遅くなる

 

3.「及び」と「並びに」の違い

及び・・・小さな結合

並びに・・・それ以上の段階

 

「ヤマハ 及び ホンダ」「ヤマハ、ホンダ及びカワサキ」

「ヤマハ、ホンダ、及びカワサキ並びにベスパ」

「ヤマハ、ホンダ、及びカワサキ並びにトライアンフ及びベスパ」

「ヤマハ、ホンダ、及びカワサキ並びにベスパ及びトライアンフ並びにレクサス」

 

いつも通り、午後7時半から午後11時過ぎまで行いました。

弁護士のH君を天神の事務所まで送りました。

夜中まで仕事をするそうです。

「ワールドカップ」は結果を見るくらいとのこと。

社会保険労務士のN君も同様と言ってました。

 

午後11時過ぎにそわそわしていた愚息達とは

やはり違います。

 
 
 

 

ステップもクリア


6月22日に大手証券会社の担当女性が

私と気が合い且つ運気を持っているのか

試している旨の記述をしました。

 

昨日、彼女が勧めた「プロパティデータバンク」が

マザーズに上場しました。

この株式も、彼女の運と努力のおかげで

僅かばかりの株式が配分されました。

 

発行株数が少ないのと、時価総額も低いために

最初から「寄り付き」で売ることに決めました。

 

結果は、大成功。

最小単元で計算すると

1780円×100株→4100円×100株となり

税金や手数料等を引いても利益が出ました。

 

また、その株の終値は、一転ストップ安の3400円でした。

ほんの僅かの利益でしたが、IPO株式売買のタイミングの難しさを

メルカリの時と共に、非常に痛感しました。

 

弾んだ声で、担当の女性から携帯に連絡がありました。

私は「ステップもクリアだね」と返事。

7月早々私に会いたいとのことでしたので

私が宿題をあげました。

 

この数日で自分が分析して、これは行けると思う株式を3つ

理由と共に私に提案する事という内容でした。

いよいよ最後のジャンプのステージです。

 

彼女の提案した株式の一つだけを集中して

預けたお金全額で購入してみます。

 

気分が良かったので、賞与の確定で苦労していた魔ダムを連れて

久し振りに居酒屋「久米」で晩飯を済ませました。

この店はどのような経済環境下でも、いつも繁盛しています。

 
 
 

 

大いなる期待


一昨日、昨日とで全店に賞与を配り終わりました。

これで30年間連続で賞与の支給を行ったことになります。

 

大企業に比較しますと、まだまだ絶対的な金額不足です。

これをかなり上げるには

どうしても一人当たりの生産性を上げるしかありません。

 

全店を回った感触は、どのスタッフも意欲が十分に感じられ

下期はかなり期待できそうな予感がします。

誠に有り難い限りです。

 

小倉店が今年の弊社グループ売上高最高を更新したので

全員と食事会をすることにしました。

 

スタッフに何を食べたいのか決めさせました。

すると門司港地ビール1Fでジンギスカン料理を食べたいとのこと。

 

魔ダムの従兄が経営しているので

最後のデザートはサービスしてくれました。

 

食べ放題、飲み放題のコースにしました。

流石、若さですね。

どのスタッフも良く食べて、良く飲んでいました。

 

和気あいあいとした中にも

大いなる活力を感じて頼もしく思えました。

 
 
 

 

準備が8割


宝塚歌劇団を含む阪急グループの創始者である

小林一三氏の言葉に

「事業経営の神髄は

予備行為、準備行為に

充分の用意をすること

であると思う」というものがあります。

 

私の場合は自分のいい加減な性格のせいか

熟慮に熟慮を重ねるという具合には行きません。

 

それでも、何かのきっかけで

新店舗をオープンさせるのには

2~5年はかかっています。

 

未知のことですから、いくら考えても

必ず成功するなどという自信は生まれてこないわけです。

 

それでも、数年も同じことを考え、それに近い店や

業態等を見学したりしていますと

何となく「行けそうかも」という感覚になってくるのです。

 

そうなると周囲がいくら反対しても

最後は「やってみなけりゃわからない」

「成功するまでやり続ける」という

呪文を唱えながら実行に移してしまうのです。

 

オープンさせて、実際に営業を始め

気づいた点を修正しながら少しずつ

形が出来てくる感覚です。

 

私が今までも、ずっと苦労し続けているのは

やはり準備の精緻さに問題があるのかもしれません。

 
 
 

 

意欲の問題


5月の確定実績を分析します。

先ずは分かりやすい売上高から。

 

2018/1-5月累計でみます。

全店8店のうち、筑紫店は昨年の6月オープンなので除外。

 

7店舗のうち、前年比で10%以上伸びた店が「2」、

ほぼ前年と同じ実績の店が「1」、

前年割れが「4」の結果でした。

 

あくまで対前年比で、3か年を比較したものではないので

その店自体の実力とは言い難いものはあります。

 

それでも前年比で30~40%ダウンの店が

「2」もあるのは、かなり非常事態です。

 

徐々に私の関与を減らしていた昨今ですが、

流石に放っとけません。

この2店を集中的に訪問しようと考えています。

 

お客様から、いらない店と言われていることと

同義だとそこの店長が大いなる危機感を持っているのか

はなはだ疑問です。

 

販売政策や広告等の以前の問題として

店長の意識自体を大きく変える必要がありそうです。

 
 
 

 

素直が一番


5月確定実績が出て、いつものように

数日に分けて、分析の数字を全店にメールしています。

 

一番最初は、経常利益とその利益が前年に比較して

増えているのか減っているのかを棒グラフも用いて

分かりやすく一覧表にしたものです。

 

ここ3年ほどでフォームが固まって、誰にでも容易に理解できる

レベルに落ち着きました。

 

今までは、分析の数字を出すたびに

唯一人だけいろんな質問をしてきた店長がいました。

 

今回は、送信した翌日の朝一番に別の店長から

質問の電話がありました。

 

いや~嬉しかったですね!!

本気で、自分の船の進路と航行方を考えている証拠だからです。

 

目的地に向かって、安全で最短の時間で到着するためには

自ずとデータの理解と解析は必須です。

 

経営者になろうと思えば、自分が精いっぱい働いた結果を

誰よりも心配し、気に掛けて当然なのです。

 

分析結果をわかりやすく加工し、数日に分けて送信しているのは、

各店長に興味を持ってもらい、且つ自分の頭で考えて

しっかりとした船の舵取りをすることを願っているからこそです。

 

人材の育成は難しいものです。

頻繁に接している我が子でさえ、そこそこになるのに

数年かかります。

 

それが、ひと月に数度しか話をしない店長が

成長してくれると望外の喜びです。

 

人それぞれ個性があり、成長のスピードも違います。

最も速いスピードで成長する性格は

「愚痴を言わずに素直」、

30数年の経験から自信を持って言えます。

 
 
 

 

5月確定実績


昨日は午前10時から3時間に亘り

税理士、魔ダム、長男、次男、私とで

5月の確定実績の分析を行いました。

 

弊社の決算は12月なので本来は

上期が1~6月、下期が7~12月です。

しかし、成果報酬である賞与を6月と12月に支給するために

社内評価は、上期12~5月、下期6~11月としています。

 

その賞与査定最終月の5月は特に慎重に

数字のチェックを行います。

案の定、数店おかしな数字が出ていました。

 

流石に5人も寄れば文殊の知恵、

全て原因がわかり修正しました。

 

午後1時過ぎに税理士が帰った後で

今度は私と息子達の3人で

賞与の査定と下期の給与の決定を

午後5時過ぎまで行いました。

 

昨年までは、全てを私一人で行っていましたが

今回は息子達が中心となり

非常に助かりました。

 

私の基本的な賞与の考え方や、昇給の考え方も

細かに伝えました。

 

後継者がいることへの有難みを

ひしひしと感じました。

 
 
 

 

ホップはクリア


メルカリの上場に関して以前に記述していました。

ブックビルディングでかなりの人気があったそうです。

 

そんな中、私が口座を開いた証券会社の

新人の女性がかなり努力をして

運もよかったのでしょう。

 

私に株式が割り当てられました。

株数は知れてはいましたが

ほんの少し利益が出ました。

 

最小単元 3000円×100株=300.000円を

5210円で売却できました。

思わぬ副収入だったので、家族と一緒に

鹿児島、宮崎の墓参りを兼ねた一泊旅行に使いたいと思います。

 

株式投資はどれだけ頭脳明晰で腕の良いひとでも

上がり下がりは分かりません。

個人的見解ですが、極論すれば担当は誰でも良いのです。

 

私が一番重要視するのは、私との相性と

その担当者の運気です。

 

最初のハードルを彼女は超えました。

但し、ビギナーズラックはつきものです。

次が重要です。

 

次の案件でも利益が出て、3度目も同様であれば

「あげまん」ということで

本格的に彼女とつき会おうと思います。

 
 
 

 

5月景気ウォッチャー調査


6月8日に内閣府より「5月景気ウォッチャー調査」が

公表されました。

 

総括は

「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる。

先行については人手不足、コストの上昇等に対する懸念もある一方

引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」

 

 

全国       小売り    12月  1月 2月 3月  4月  5月

現状              51.6 46.8 46.2 49.5 48.7 44.6

先行              49.7 51.8 51.6 49.0 50.9 49.3

 

 

九州    家計動向関連

現状              55.0 44.0 45.9 52.8 51.1 45.9

先行              52.2 52.9 53.9 50.2 52.1 50.2

 

弊社の実績も同じような傾向にあります。

4月に少し上向いたと思ったら

5月はかなり苦戦です。

 

救いは九州の「先行」がまだ「50」を上回っていることです。

 
 
 

 

厳しさとは


今月は賞与を支給するために、早めの月次決算が必要でした。

昨夜の午後10時半頃終了。

魔ダムの頑張りと執念には脱帽でした。

 

実は彼女は一昨日夜中までPCに向かい

各店舗のデータ入力を行っていました。

 

数時間足を組んだ状態で座って作業を行っていたのですが

その足組みを解いたとたんに、左ひざに激痛がはしり

指先まで痺れて動けなくなったのです。

 

身体を少しでも動かそうとすると、痛みで顔をゆがめます。

暫く経っても痛みがおさまる気配がないので

救急車を手配し病院に搬送して入院。

私が帰宅したのは午前3時を大きく回っていました。

 

翌朝、メールで事情を知った税理士から

月次決算を数日延期しましょうかとの連絡がありました。

私は、今月は賞与を支給しなければならない、

スタッフにはそれぞれいろんな事情があるので

彼女を一日で退院させて仕事を完結させる旨返答。

 

午後5時頃病院に行き本部に連れ帰りました。

そこで私の冷たい一言、

「何事も早め早めに済ませておかないから、こんなことになる」

 

午後6時過ぎから入力を初めて、

冒頭の午後10時半頃終了したのです。

 

冷血な経営者とのそしりは免れません。

それでも、社員は約束した日時の賞与を待っています。

 

7月上旬に一泊で温泉に連れて行ってやろうと

秘かに下調べを行いました。

 
 
 

 

やってみなければ


昨日は午後から、取引先スタッフ4名、店舗デザインスタッフ2名

そして私と長男、次男で「電動アシスト自転車専門店」構想について

会議を持ちました。

 

およそ2時間ほどかかりましたが、

私のコンセプトであるトラッドで温かい店の中に

先進的な車両の展示とコミニュケーションスペース提供で

先ずは絵を描くことに決定。

 

やっと具体的に走り出しました。

これまた、私が九州では一番に実行することになるでしょう。

 

これまでも、バイクの買取、バイク専用指定工場、レンタルバイク事業、etc.

そのほとんどが私が最初か二番目に始めたものです。

 

カフェを併設したものを考えていますが

東京の店舗デザイナーがどのような絵を描いてくるのか

非常に楽しみです。

 

新しいことを行うには非常に勇気がいります。

その次に最初は赤字が続くので

何処まで引っ張るのか、忍耐と決断が問われます。

 

今後経営者を目指す人は、この感覚を

自分で体験すれば競合店よりも頭一つ抜けることが出来るでしょう。

 

 
 
 

 

家族


昨日は、月次決算の最終日で

手伝いに次男の嫁も幼子を連れて我が家に来ました。

 

魔ダムと嫁が仕事をしている間

孫の面倒を見るのは私の役目。

6ヶ月を過ぎて頭も座り、ハイハイもできるので

おもりもかなり楽になりました。

 

午後6時過ぎになると、熊本から長男と嫁と孫が

加わりました。

 

我が家に初めての孫二人です。

こちらはまだ2ヶ月で、抱っこもかなり難しいものです。

二人ともに泣き出した時の喧騒はなかなかのものです。

 

途中で、近くのイオンに父の日のプレゼントを買いに行きました。

「日本の匠」シリーズの綿100%の紺系のパジャマを購入してホームへ。

母と共に大層喜んでくれました。

 

すぐに自宅に戻ると、次男の嫁がPOLOの真っ赤なポロシャツを

父の日のプレゼントということで私にくれました。

胸のエンブレムが大きくて、袖の数字もインパクトがあります。

私好みをしっかり把握してくれていてとても嬉しく思いました。

 

最近ボランティアで、日中にラグビーの指導をしているので

真っ黒に日焼けした私に「赤」がぴったしでした。

 

濃厚で豊潤な家族を感じた一日でした。

 

 
 
 

 

意外に難しい


魔ダムの実家を整理していましたら

義母が学校の先生だったからか

「書けないと恥ずかしい漢字」という本が出てきました。

 

大抵の書物は捨てているのですが

この本に私が直接記入してから捨てても

遅くないと思い自宅に持って帰りました。

 

初級編

きげん・ぜんてい・じさん・きぼ・しゅうかく・りょうしゅうしょ

こうげき・こくるい・へいか・かいしん・きはつ・くじゅう・

つぶやく・あえる・いちじるしい・あふれる・はずむ・かくするetc.

 

私が間違った漢字は

「機嫌」「会心」「苦渋」「和える」

 

長男にもテストしました。

私より少しばかり正解が少なくメンツを保ちました。

 

面白くない彼が、次のページで勝負ということになり

おおかみ・とら・しか・かめ・やぎ

かえる・ほたる・かいこ・あり・か

 

二人ともに

「蚕」と「蛙」が書けませんでした。

彼が採点したのですが「ほたる」の漢字を見て

私に勝ったと小躍り。

 

そんな馬鹿なと私。

彼が書いたのは「蛍」

私が書いたのは「螢」

 

私も自信があったので10センチ幅の「大漢語林」を引っ張り出し

調べました。

ありました。

但し旧字体でした。

 

彼は妙に感心して、私の威厳は保たれたのです。

 
 
 

 

綺麗なのは当たり前


昨日は午前10時にレクサスに行きました。

6ヶ月点検です。

 

接客の極意を、この店から得ている話は

何度もしております。

今回も、予約してモーニングを頂きました。

 

温かいココアを頼み、焼き立てのパンが2個出てきました。

とても美味しく朝食を我慢して抜いただけありました。

お出迎えも女性だけでなく、担当セールスまで来てくれて

大事にされている感じがとても心地よいものでした。

 

1回のフロアーが片づけられていました。

フロアーと外壁を大幅に改装するそうです。

僅か12年しか経過していなくて、現状でも十分綺麗な店舗です。

つい数年前も改装していました。

 

秋に新型のリーズナブルな価格帯の車が

2台発売されることに合わせて

若いファミリー層にも気軽に来てもらう雰囲気にするそうです。

 

ここで感じたことは、

店は常に綺麗でなければならないということです。

我々業界で一番遅れている部分です。

 

昨年、大濠店、友泉店を改装しました。

今年は小倉店、福重店を何とかしようと思っています。

 

ソフトが重要なのは明らかですが

ベースには店舗の綺麗さ清潔さがあってのことです。

 
 
 

 

本部の力


昨日は、本部の打ち合わせ部屋の前の庭に

庭師が入りました。

 

草むしりから、木々の剪定、それに

害虫駆除の薬剤散布と二人で午前9時半から

午後6時までかかりました。

 

お陰様で、草ぼうぼうの魅力ない庭が

一流半くらいの庭園に様変わり。

 

特に、大きな取引先と交渉したり

大きな金額のディールの場合は

適度なはったりは必要となるのです。

 

その点、我が本部は大いに役立っています。

19年前に清水の舞台から飛び降りる覚悟で

ここを購入して本当に正解でした。

 

午後からは、東京の取引先から二人、建設会社から二人

それと私、魔ダム、長男、次男の8人で

新店舗のデザインと設計の詳細な打ち合わせを

2時間以上にわたり行いました。

 

本来なら本社ビルくらい必要なのかもしれませんが

無駄をなくし、立派な中小企業であろうとするなら

間接部門の経費は極力削減すべきです。

 
 
 

 

豪華絢爛の仏壇


昨日は朝早くから魔ダムの小倉の実家に行きました。

記述していた通り、明治時代に造られた立派な仏壇を

我が家に移すためです。

 

生前墓の建立や仏壇の修理再生を頼んだ

「お仏壇のはせがわ」のN君が部下を二人連れてきてくれました。

 

流石プロです。

幅1.2M、高さ1.8M、奥行き0.7Mのものを

その中身も丁寧に梱包して

1時間ほどで仕事を終了。

 

この梱包の間に私とN君は、実家から徒歩15分くらいの小高い丘にある

魔ダム家の墓を見に行きました。

 

不便な場所にあり、かなりの急勾配の坂を上らなければならないので

墓じまいをするための見積もりを取ってもらうためです。

急勾配と通路が曲がりくねって細く、機械が入らないので

かなり高くなるとの見解でした。

 

彼が写真を数枚撮り、墓の寸法等を測り

実家に戻りました。

 

梱包が終了した仏壇をワンボックスに載せ

我々の車と2台で福岡のわが家へ。

 

改築したての8畳の和室に運び込まれ開梱。

40分ほど移設完了。

その姿を見て、あまりの豪華絢爛さに感嘆しました。

 

小倉の実家にある時には、部屋が薄暗く、湿気臭かったので

この仏壇の迫力が全然伝わってきませんでした。

実に圧巻です。

 

これからの若い世代にも、神棚や仏壇の前で手を合わせ

先祖を敬う姿勢だけは踏襲させる義務が我々にはあります。

 
 
 

Calendar Loading

▲アンバーライトグループ~YSP友泉・YSP小倉・YSP大濠・YSP福重・YSP佐賀・YSP熊本・YSP菊陽の中古車情報

 
  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 過去ブログはこちらから